ピル通販

ピル通販では低用量のピルなどの最新情報を発信しています。

ピル通販のおすすめ

 

ピルにはいろんな種類がありますが、病気以外で避妊などを目的に一番使用されているピルは低用量ピルになります。

 

ピルの成分は女性の卵巣でつくられる「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2つの成分。これら女性ホルモンの作用を利用して、妊娠を防ぐ効果を得ています。

 

女性は妊娠しますと、特徴的な女性ホルモンの動きをします。その動きを薬によって自動的に似せた状態にして、脳にすでに妊娠していますので、もう卵子は作らなくていいですよ勘違いさせて、避妊をする事ができるようになっています。

 

同時に、ピルには子宮を休ませる事により女性特有の生理不順や、生理痛、ニキビ、子宮がんなどの予防をする効果もあります。

 

低用量ピルには、3相や1相などのタイプがありますが、総合的に見てホルモンを少なく取る事で同じ効果を得ると言う意味では、3相の方が優れていると言えます。
病気ではありませんので、保険の適用外になります。

 

ピルには、中容量ピルと言うものもありますが、これらのピルに入っている女性ホルモンの量は通常では女性の体の中では作られない量の女性ホルモンが入っていますので、主にホルモン異常などの病気の治療薬として、使用されています。
当然、治療になりますので保険の適用があうぃます。

 

下記に主に使用されている低用量ピルをご紹介しておきます。

 

もっとも利用者の多い人気のピルになります。

 

>>トリキュラー<<

 

ノベロンは副作用のすくない低用量避妊ピル「マーベロン」のジェネリック医薬品です。

 

>>ノベロン<<

 

ダイアン35は、低用量避妊ピルで、アジアン人の体格に合わせて開発されたピルです。

 

>>ダイアン35<<

 

ピル通販

 

ピルは日本人の女性の感覚では、まず服用する事な無いだろうと思われています。

 

何故ピルを通常の薬のよう考えないのかと言いますと、日本人のピルの知識として避妊以外の効果を全く知らない人が多いからです。

 

避妊を目的にピルを使用する事は、何となくだらしのない女性に見えてしまうと思うのでしょうか?

 

とにかく、日本でのピルの認識は、ピル=避妊となっています。

 

この後にも詳しくご説明をしていきますが、ピルには避妊以外に女性にとって多くのメリットが沢山あります。

 

どちらかと言いますと、ピルの効果の1つに避妊があると言う感覚で海外の人はピルを認識しています。

 

ですので、海外の女性はピルを頻繁に使用します。

 

なぜなら、ピルを使用する事で受ける事が出来る利益が大きいからです。

 

当サイトでは、ピルの正しい知識を知って頂いて女性にとって有意義な質の高い生活を送れるように、丁寧にピルに関してご説明を致しております。

 

きっと最後まで読んで頂ければ、今までの間違ったピルの認識を改める事が出来ると思います。

 

1人でも多くの女性が、生理にまつわる不快な症状や将来の女性特有の病気などから解放さえればと思っています。

 

ピルの種類

 

低用量避妊ピルには薬の数で大きく2種類に分かる事ができます。

 

ピルの基本的な服用方法は、どれも同じで、28日を1周期として考えます。(1週間×4)
最初の3週に決められた薬を毎日1錠決まった時間に飲んで、4週目はお休みして、また28週が始まります。
この28日周期をずっと繰り返して飲みます。

 

ですが4週目に休薬するのですが、この時の方法として下記の2つのタイプがあります。

 

21錠タイプ

 

1シートの中に21錠分のピルが入っていて、3週間飲んだら、1週間ピルを休んで、次のシートを始めます。
メリット:21錠だけなので、全体的に小さく携帯に便利です。
デメリット:休薬時に薬を飲みませんので次のシートを始める日を忘れてしまいます。

 

28錠タイプ

 

1シートの中に21錠のピルとプラセボ7錠(偽薬)が入って28錠になっています。
メリット:休薬時もプラセボを服用しますので、次のシートを飲み忘れる心配がありません。
デメリット:休薬時に必要のない薬を飲まなければいけません。

 

ピル21錠・28錠

 

どちらのタイプを服用しても効果は全く同じです。
あなたのライフスタイルに合わせてお好きな方を選んでみて下さい。

 

ピルの飲み始め方

 

では、ピルはいったい何時から飲み始めたらいいのかが疑問になります。

 

基本的のピルの飲み方は下記の2点があります。

 

デイワンスタート

 

生理が始まったその日から服用する方法です。
このやり方は、速避妊効果がその日から得られる利点がありますが、始める日が生理の開始日になりますので、何曜日になるか分かりませんので中途半端な平日からの飲み始めになる事が多いです。

 

サンデイスタート

 

この方法は生理に関係なく、日曜日にピルを飲み始めます。
生理と関係の無い飲み方ですので、初めから避妊効果が望めません。
実際に避妊効果が出てくるのは、服用後1週間程度後になりますので、その間は違う避妊方法を併用しませんといけません。
ですが、ピルの飲み始めが必ず日曜になりますので、覚えやすいです。
ピルを使用していますと、休薬中に生理に似たものがありますが、これも必ず平日になりますので、週末などの行楽にぶつかる事も防げます。

 

当サイトでは、サンデースタートをお勧めします。

 

ピル飲み忘れ

 

ピルは毎日定時間に服用して、3週飲んだら1週休むの28日間をワンセットで続けていきます。

 

ここで心配になるのが、ピルを飲み忘れた時の対応です。

 

人のやる事ですので必ず飲み忘れが出てきます。

 

一般的には、24時間以上間が空いた場合には、避妊効果が落ちてしまいますので基本的には1からピルをスタートするようにしなければいけません。

 

ですが、避妊を目的としていない場合には、続けて服用しても何ら問題はありません。

 

ピルで有名なトリキュラーなどには、28錠タイプがありますが、最後の1週間の薬はダミー(偽薬)ですので服用してもしなくても全く問題はありまん。

 

ピルの飲み忘れに関しては諸説ありますが、いろんなパターンを書いているサイトを参考にしてもただ複雑になるだけでよくわからなくなってしまいますので、簡単に覚える様にしましょう。

 

飲み忘れが24時間以上間隔があいた場合で避妊を目的としている時には、避妊効果が下がりますので、初めてピルを服用した時に戻って始めましょう。

 

服用間隔が24時間以上開いた場合には、一からスタートですので今服用しているシートが途中になってしまいますからもったいないと思うでしょうが、避妊を目的にした場合には、新しいシートから初めて残ったピルは捨てましょう。

 

これをもったいないと使用し始めますと、計算が出来なくなってしまいます。(避妊のためには仕方のない出費です。)

 

ピルのメリット・デメリット

 

★ピルのデメリット

 

保険が効かないので、値段が高い。

 

ピルは特に低用量ピルは病気として使用されるケースが少なくその場合には保険の適用になりません。
※低用量ピルでも病気を治す目的で使用された場合には保険の適用になります。

 

このデメリットは、通販で購入する事がかなりお安い値段で購入できますので、解決可能です。

 

血栓症になる事がある

 

血栓症とは、血の塊が血管内にできてそれが血管内のどこかで詰まる事で、それ以降の血管の部分に血液が行かず壊死してしまう現象で、脳で起これば脳卒中で、心臓で起これば、心筋梗塞になってしまいます。

 

ですが実際には、この血栓症になりやすい人は喫煙家(ヘビースモーカー)が多く、通常の生活をしている人が血栓症になるのは、交通事故に合う確率よりも低いのであまり心配はいりません。(ヘビースモーカーの場合は別です)

 

★ピルのメリット

 

ピルはむしろデメリットよりも、こちらのメリットの方が断然多いのが特徴です。

 

女性は生理が来るようになりますと、妊娠が可能になります。

 

どんな動物も祖孫を絶やさないために、繁殖ができるように体の仕組みになっています。

 

ですが、人間にとって子孫を作る事は重要ですが常に子孫が出来る状態で体を待機しておく必要はありません。

 

20代ぐらいになって、結婚して子供が欲しい時期になりましたら生理がある事が大切ですが、それ以外の時期には生理は全く女性にとって意味のない症状になります。

 

すでに5人ぐらいの子供を作った女性がそれ以降に生理が来たとしても、もう生理は必要ありません。(6人欲しい人は別です)

 

生理は卵巣から、子宮に卵子が下りてきて、子宮内膜に着床して精子が来るのを待ち、来なかった場合には子宮内膜ごと剥がして生理として、外に出してしまいます。

 

この作業は、出来たかさぶたを無理やり剥がして取ってしまうのと同じ事が子宮ので行われているのです。

 

ですので、妊娠を目的としていない女性にとって生理は全く必要のない症状になります。

 

生理をピルで抑制する事で、子宮はとても元気になり、その後の体調にもとてもいい影響を及ぼします。

 

子供が欲しくなれば、ピルを止める事で次の月には排卵が可能ですので、何ら問題はありません。

 

生理によって、起こされるいろんな諸症状を無くす事は女性の生活の質を上げ、とても体にいい状態をキープする事ができるようになります。

 

同時に、子宮がんや子宮筋腫の予防にもなりますので、是非ピルのメリットを多いに使用しましょう。

 

ピルは海外では頻繁に使用されている

 

ピルは海外の女性は頻繁に利用をしています。

 

欧米では70〜80%以上の女性がピルを服用しているのに対して、日本では数パーセントの女性しかピルを利用していません。

 

欧米では、妊娠してしまったものを堕胎する事を嫌います。

 

女性の体にも悪いし、精神的にもいいイメージは残りません。

 

又ピルは欧米では簡単にドラッグストアーで購入する事ができますが、日本では医者に処方してもらわないと入手する事ができません。

 

ですので日本でピルを使用したい場合には、医者に行って妊娠したくないので、ピルを下さいと言うことになります。

 

実際にこのような事が平気で言えるかと言いますと、なかなか言いずらいものです。

 

そんな理由もあり、ピルは日本は使用する人が極端に少ない状態になっています。

 

副作用の問題を言う人もいますが、今では体の小さな日本人に合わせたピルも発売されていますので、問題はありません。
又普段からピルを服用する習慣の無い日本人は、ピルの知識をかなり貧弱なものとなっています。

 

ピルには避妊以外の多くの女性にとってメリットがある効果が沢山ありますので、そのことを良く知ることでもうすこし日本人のピルに対する正しい知識を高めていかなければなりません。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ